サカログ・ブログ

Feed Rss

FIFAランキング歴代の最下位

01.18.2013, FIFAランキング, 更新情報, 読み物, by .


FIFARANKING.netにFIFAランキング歴代最下位の一覧を追加しました。最下位を晒したいとかそういう意図は全くないですが…。

1993年〜現在までのFIFAランキング最下位の国・地域とポイント

 

現時点での最下位は、207位のブータンサンマリノタークス・カイコス諸島の3ヶ国です。(2013年1月17日更新のFIFAランキング)

 

2006年7月に現行の算出方法になりましたが、それ以降の最下位はずっと0ポイントのチームです。現行のFIFAランキングは、引き分け以上にならないとポイントの元となる勝ち点が与えられます。そのため、サンマリノは2008年5月から0ポイントとなり最下位を抜け出せていませんが、欧州勢を相手にしていることもあり実力的が本当に最下位なのかは怪しいところではあります。

他にも様々な計算の上にポイントを算出しますが、「FIFAランキングは大陸をまたぐと順位はあまり参考にならない」といわれる一端が垣間見られます。

 

大陸ごとの最下位一覧のページも作りました。

 

現在のCONMEBOL(南米サッカー連盟)の最下位はベネズエラの57位です。2011年のコパ4位が最下位とは、南米サッカー恐るべし。アジアでは紛争の続いていた東ティモール(182位)アフガニスタン(186位)がかつては最下位でしたが、わずかながらも順位を上げており、小さな復興の兆しが感じられなくもありません。

 

日本代表や強豪の試合に目がいきがちですが、ランキングの低い国のサッカーが成長していく過程に目を向けてみるのもおもしろいかも!?

 

合わせて、FIFAランキングも歴代1位もどうぞ。

1993年の1位(ドイツ)〜現在までのFIFAランキング歴代1位一覧

大陸連盟内の歴代トップ一覧

 

※文中の順位は2013年1月18日現在のFIFIAランキングです。

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です